ライブチャットにハマって価値観が一変した

私は人並みに女の子が好きで、性欲もかなり強い方なのですが、いかんせん彼女はおろか女友達も一切おらず、なおかつ女性と出会う機会もまったくと言っていいほど無いため、毎日淋しい生活を送っていました。
夜になると、溜まった性欲を発散させるためにAVやネット上のエロ動画を漁りまくったりしていたのですが、どうにも最近いわゆるそういった映像モノに対して食傷気味になり、何か新しい刺激はないものだろうかと思案していました。
そんな時、出会ったのがライブチャットでした。最初は正直びっくりしました。かわいい女の子が、あられもない姿で私たちのエロいリクエストに応えて、スケベな肢体をネットを使って提供してくれるのです。
AVやエロ動画を見てもまったくドキドキしなくなっていた私も、これには胸が高鳴りました。なにしろネットを介しているとはいえ、ライブチャットは生身の女の子が相手です。台本のセリフや演出された映像作品のように、ユーザーを置いてけぼりにするようなことはありません。ちゃんと私たちとコミュニケーションを取りつつ、エッチなことをモニターの向こう側で行ってくれるのです。
私はアナルにすごく興味があるのですが、女性のアナルを自分の意のままに見たりした経験は今まで皆無でした。けれども、ライブチャットならばそれが可能だったのです。かわいいチャットレディの女の子にお願いすると、恥ずかしそうに頬を赤く染めながらも、きれいなおしりの穴を私の要望通りに見せてくれました。更に私は綿棒をそこに入れてみてと頼んだのですが、それにも照れながらも彼女はOKしてくれたのです。これには興奮しました。いわば価値観が一変したかのようなものです。ライブチャットを使えば、私のようないわゆる女性と縁遠い男性でも、簡単にエッチな妄想を実現させることができるのです。
もちろんその時は、その彼女のそのおしりを見ながら、おもいっきりオナりました。いつもより大量の精液が出て、びっくりしたのですが、なんだか擬似的にセックスしているような気分にもなりました。しばらくはこの楽しみにハマり続けそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ