機材や環境の進化で広まったライブチャット

インターネットで行われるコミュニケーション手段として、インターネットが広まった当初からBBS(ネット掲示板)やチャットといったものがありました。
BBSというのは、メッセージを残しておくことで来訪者がいつでも見られるようにしてある場所、チャットというのはリアルタイムでメッセージのやりとりが出来る場所で、この2つが長らくインターネット上の交信手段として使われていました。
最近では、高速ネット回線や性能の高いパソコンが広く普及して大容量のデータの送受信が可能になったことで、文字だけではなく映像や音声もリアルタイムでやりとり出来るようになりました。
ウェブカメラやウェブマイクも家電量販店などで手軽に手に入るようになったことで、通信手段はより発達することになりました。
チャットの方法も文字だけをやりとりする方法から、ウェブカメラとマイクを用いてチャット部屋を立てたホストが映像と声を配信し、チャット部屋に訪れるゲストが文字で会話をするライブチャットという、チャットの発展系ともいえるコミュニケーション手段も多くなりました。
ライブチャットのサービスは様々な会社が行っていますが、日本国内においてその最大手とも言えるのがニコニコ動画で行われているニコニコ生放送というものです。
いわゆるニコ生と呼ばれるものですが、これによって日本にライブチャットが爆発的に広まったというのは間違いではないでしょう。
現在でも利用者が多く、日本国内の若者を中心に幅広い世代に利用されています。
では世界的に見るとどうなのかというと、この場合はやはりYouTubeが最大と言えるでしょう。
YouTubeと言えばいわずと知れた世界最大の動画投稿サイトで、日本の動画投稿サイトも全てこのYouTubeの人気にあやかろうと出来たものです。
ライブチャットのサービスも行われていて、世界各国の幅広い世代の男女を問わずが配信を行っています。
当然日本からもサービスを利用することが可能ですから、世界に向けて自分を配信したいというのであれば、こちらのサービスを使うと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ