過度にエロくないのがライブちゃっとの良い所

アダルトのライブちゃっとでも女の子が画面に一人だけ出て来るというのはノンアダルトの場合となんら変わらないはずです。ただ、これだとやれる事に限界が出て来るのも事実です。フェラチオとかは当然ながら出来ません。精々その形をしたモノを舐めるくらいなものでしょう。

ただ、個人的にはこれがライブちゃっとの良い所でもある様な気がしています。AVとかが良くないとは言いませんが、どうせ自分が体験できないのならそれを画面内で表現する必要は無いと思うのです。どこまでも過激な表現を追い求めるのではなくて、ある一定のラインみたいなものを守ってお互いが交流するというのが丁度良いのではないかと思えてなりません。

国内業者ですと法的な制限などもありますから、オマンコを見せる事も出来ません。そうなるとトップレス位が限度かなぁと思うのですが、これがまたイイんですね。なんでも最初から見せてしまうという流れが現代にはありますけど、それはちょっと芸がありません。ストリッパーの如く少しずつ焦らしながら脱いだり見せたりという風にした方が見る側としても興奮できるのです。

エッチな事を期待するのも良いですが、それと同じ位重視したいのが何気ない会話です。ライブちゃっとの楽しみの半分はエロに関連する事ですが、もう半分は心の交流です。精神的なセックスと言っても良いかもしれませんね。これが上手な女性なら人気が集中するのは間違いありません。

エロ表現に関してはあまり露骨なものよりも、どこか上品さが感じられる物が良いですね。小さな画面の中でいかに自分を魅せるかを考えた時に、その方法は無限に近い位に沢山ある事を意識して欲しいのです。身近な参考例はアダルトビデオに出演している女優の姿なのですが、これは一つのエロの形であって、これを真似しなければいけない訳ではありません。ライブちゃっとでの振舞い方は、それぞれの女性達がやりたい様にやって構わないのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ