チャットレディは在宅か通勤どちらが稼げる?

女性が短期間で大金を稼げる仕事というのは相応のリスクが必要でした。キャバクラなど夜の仕事では対面して酒の席で相手をするのでリスクがありますし、毎夜大量のお酒を飲むというのも弱い方にとっては耐えられるものではありません。風俗も当然病気のリスクも高く、事件に巻き込まれる可能性もゼロではありません。
しかし、短期間にコンビニなどのバイト時給ではありえないほどのお金を稼ぐには手っ取り早い方法であるため多くの女性がこうしたナイトワークを続けています。しかし、最近ではインターネットの時代になりチャットレディの仕事が高時給ワークとして注目されています。さらいチャットレディでは対面することはないのでリスクも低く、身体接触もないので病気の心配は一切ありません。それにも関わらず時給は3000円以上も可能なため、理想的な副業として注目されているのです。
しかし、このチャットレディには直接運営会社に登録し自宅で仕事を行う在宅タイプと、仲介業者を通して通勤で仕事をする通勤タイプがあります。どちらもメリットとデメリットがありますが、より稼げるのは在宅での仕事です。
仲介業者を挟むということは、派遣などと同じく中抜きが発生することを意味します。もちろん通勤のチャットレディでは機材を用意する必要がないなどメリットはありますが、そんな初期投資は簡単に時給の差でひっくり返ります。では在宅での仕事のデメリットは何があるでしょうか。大きなデメリットとしては実家住まいの方や子供がいる方などは中々仕事が難しいという点でしょう。しかし、これも勤務時間を調整すれば簡単に対処可能ですし、時給の差を考慮するとそれほど大きなデメリットではありません。
通勤では事務所が運営していくために、自分とは関係の無い他人を養っているようなものです。それほど通勤の場合に時給効率は悪く、搾取されているといっても差支えが無いレベルです。ぜひ本当に稼ぎたいのならば初期投資を惜しまずに自宅で仕事を始めてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ